トップページ FX入門講座ボラティリティ

ボラティリティとは?

 ボラティリティとは、価格の変動率のことです。値動きの幅と言っても 良いかもしれません。FXに限らず相場は、安く買って高く売るのが利益を出す 基本です。FXで利益を出すには「為替差益」 を狙うか、金利差を利用したスワップポイントを得る必要があります。
 「為替差益」は、通貨の価格が変動することが前提となっています。 通貨の価格は需給関係で決まり、変動します。このような相場のことを「変動相場制」といいます。

 なぜ、ボラティリティが重要になるかと言えば、為替差益を狙うのであれば、 価格の変動率がある程度必要だからです。

ボラティリティを計算する指標

 ボラティリティは価格の変動率です。FXにおけるボラティリティは、過去の継続的 な変動幅から計算される「ヒストリカル・ボラティリティ」を指します。 つまり、過去チャートをもとに変動率を計算します。

ボラティリティ

 世の中には、ボラティリティを計算するための指標がいくつもあります。 最も有名な指標は、「ボリンジャーバンド」と「ATR(Average True Range)」です。 どちらも過去の値動きをもとに、ボラティリティを計算します。
 ここでは計算式などについては、触れません。

実際のトレードにおけるボラティリティ

 レンジ相場(もみあい相場)のように、狭い値幅の中で価格が変動していることを、 「ボラティリティが低い」、「ボラがない」といいます。この状態ではあまり大きな 為替差益を期待できません。

 トレードで利益をあげるには、ある程度ボラティリティが必要です。 しかし、口で言うほど簡単ではありません。終わったチャート(過去チャート)をみれば、 どの程度の値動きがあったかを確認できますが、実際のトレードにおいては、 チャートの右端で判断しなければなりません。つまり、 エントリーしてみないことにはボラティリティがあるかどうかは分からないのです。

 だから、書籍やセミナーで、「トレードにはある程度ボラティリティが必要だ」 と書いてあったら、つっこみを入れてあげてください。 和尚はよく、「終わったチャートでものを言うのは誰にも出来る」と言っていますが、 確かに過去チャートを見れば誰でもボラティリティを簡単に判断できます。

チャートの右端で判断する

 為替和尚@FX寺子屋では、ボラティリティをトレードに必要な値幅 としてとらえています。値幅の使い方としては、2通りあります。 ひとつは、現在の状態がレンジ相場であるかどうかの値幅。もうひとつは、実際に エントリーした際に、どこまで価格が飛ぶかです。
  特に後者の使い方は重要です。これについては、別の機会にお話しします。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.