トップページ FX入門講座さまざまなトレードスタイル

さまざまなトレードスタイル

 FX取引をしているとひとくちに言っても、時間軸やスタイルによってまったく違った トレードになります。為替差益を目的としたトレードには、スキャルピング、 デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードがあります。 スワップポイントを目的としたトレードには、長期トレードがあります。

 ここでは、それぞれのトレードの違いについて説明します。

トレードスタイルの違い

スイングトレード

 為替差益を狙ったトレード手法です。エントリーしてから手仕舞いするまでの 期間は数日から1〜2週間になります。平均するとだいたい1週間ぐらいポジション を保持することになります。主に「1日ごとの値動きを取りに行きます」
 スイングトレードは比較的時間のない人向けの手法で、1日1回チャートを チェックする必要がありますが、チャートに張りついている必要はありません。

使用する時間足:4時間、日足、週足

デイトレード

 これも為替差益を狙ったトレード手法です。スイングトレードと異なり、 その日のうちにポジションを手仕舞いします。ポジションの保有期間はだいたい 数十分で、長くても4時間くらいで決済します。 主に「1時間毎の値動きを取りに行きます」
 デイトレードをするには、トレードする間はずっとチャートを見ている必要があります。

使用する時間足: 15分足、1時間足、4時間足

スキャルピング

 売買差益を狙ったトレード手法で、超短期トレードになります。ポジション の保有時間はだいたい数分で、長くても60分以内に手仕舞いします。 早いときは数秒でトレードが完結します。 ローソク足の「ヒゲ」を取りに行く手法です
 スキャルピングの特徴は、そのスピードにあり、数Pipsの薄利を迅速に狙うところ にあります。スキャルピングという名前も、頭皮(スキャル)のような 薄利をそぐ行為から来ています。当然のことながら、トレードの間はずっと チャートを見ている必要があり、和尚はマバタキすらあまりしないと言います。

使用する時間足: 1分、5分、1時間

ポジショントレード

 分類的には中期トレードになります。ポジションの保有期間は数週間程度有り、 期間的にはスイングトレードよりも長めのトレードになります。
 しかし、ポジショントレードの場合は、保有期間だけが問題になるわけでなく、 保有しているポジションの一部を決済して別のポジションを立てるなど、 リスク分散させたポートフォリオを組むことが特徴といえます。

 ポートフォリオの組み方にはさまざまな戦略がありますが、FX寺子屋では扱いません。

使用する時間足:日足、週足、月足

長期トレード

 数ヶ月以上の長い期間、ポジションを保有するトレードです。為替差益ではなく スワップポイントを狙ったトレードになります。
 テクニカルよりもファンダメンタルが重視されます。また、スワップ金利を狙うため、 ポジションの建て方にも注意が必要です(金利差が逆転すると逆にスワップ ポイントを支払うことになる)。

 為替差益を狙った手法に比べると、利益は多くありません。 多額の資金があり、こつこつと運用したい人向けのトレード手法になります。

※FX寺子屋では、スキャルピングを中心に説明してます。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.