トップページ FX入門講座ピボットの使い方

ピボットの使い方

 ピボット(Pivot)は、もともと取引所で働くディーラーが考案したもので、 前日の高値、安値、終値を使って計算されます。
 これも中値のように、ピボットより上か下かでトレンドを判断したり、 ピボットをもとに計算されるサポート&レジスタンスを節として利用します。

ピボットの定義

ピボット

  • ピボット: Pivotと表示されているライン
  • サポート: S1〜S3と表示されているライン
  • レジスタンス: R1〜R3と表示されているライン

ピボットの計算

ピボット = ( 前日の高値 + 前日の安値 + 前日の終値 ) / 3

レジスタンスR1 = ピボット×2 - 前日安値
レジスタンスR2 = (ピボット-S1) + R1
レジスタンスR3 = (ピボット-S2) + R2

サポートS1 = ピボット×2−前日高値
サポートS2 = ピボット- (R1-S1)
サポートS3 = ピボット- (R2-S2)

トレードへの応用

 ピボットの使い方は大きく分けると、2通りの使い方ができます。 ひとつは、ピボットによる方向性の判断。もうひとつは、サポートレジスタンスによる目標値の判断です。

ピボットによる方向性の判断

 ピボットは前日の三本値を使って計算されます。ピボットは前日の値幅から求めた中間値です。 中値の考え方とおなじで、ピボットより上にいればアップトレンドが続くだろう。 下にいればダウントレンドが続くだろう。といった大雑把な判断に使えます。

 特に、前日の価格を使っていることから、マーケットオープン直後の動きを判断するのに使えます。

目標値として利用する

 ピボットのサポート&レジスタンスは利食いの目標値として利用できます。 例えば、利益がのったポジションを持っているとき、価格がサポートS2付近に近づい たときに、一旦そこで利確をするといった使い方ができます。

 また、サポートS1を抜けて上昇していく局面では、サポートS1を抜けた からとりあえずピボットの位置までは行くだろうと予測を立てられます。 ピボットを超えたら、次はR1まで行く可能性が高いだろう。

 このように価格が次にどこまで飛ぶかの予測に利用できます。

ピボットは計算式が明確であり、意識している人も多いことから、テクニカル指標としては有用です。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.