トップページ FX入門講座中指とは?

中指とは?

 「中指」は日本独特の言い回しで、海外では「フラクタル(Fractals)」と呼ばれています。 サポートレジスタンスの一種で、ダウ理論における高値や安値の基準として 使われていることから、かなり重要なテクニカル指標であるといえます。

中指の定義

 中指が出来るには、5本のローソク足が必要です。中指は2種類有り、次の図のように定義できます。

高値の中指

高値の中指

安値の中指

安値の中指

 5本のローソク足のなかで、「最高値」、「最安値」をつけたローソク足を中心に、 前後2本ずつのローソク足で構成されます。その形がちょうど人間の手に似ていることから、 「中指」と呼ばれています。

中指を使用する上での注意

 過去チャートを見ると、中指ははっきりと分かります。しかし、中指の定義にあるように、 ある高値を付けたローソクが中指として定義されるには、その後2本ローソク足が形成される 必要があります。つまり、中指が確定するのは、2本あとのローソク足が確定してからです。 Meta Traderなどの多くのツールでは、中指を表示するインジケータがあります。 しかし、これらが表示している中指が表示されるのは、中指の2本あとのローソク足が 確定してからだというのを忘れないようにしてください。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.