トップページ FX入門講座マーケットオーバーラップ

マーケットオーバーラップ

 為替相場は24時間オープンしている世界市場です。日の出とともに シドニー市場がはじまり、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場とオープンしていきます。 もちろん、それ以外にも為替をあつかっている相場はありますが、東京、ロンドン、ニューヨーク は世界3大市場と言われています。当然、取引規模も大きいのです。

 よく、「FXは24時間好きなときに取引できるからいいよね!」と耳にします。 しかし、勝ちやすい時間と、そうでない時間があるとしたらどうでしょうか?  特に、専業トレーダーは自分で自由にトレード時間を決められます。 専業トレーダーはトレードする時間をすごく気にします。あなたは、 トレードする時間を適当に決めてませんか?

1日の相場の流れ

1日の流れ

 図は夏時間の東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場を日本時間で表記したものです。 シドニーからはじまってニューヨークで終わるのが、為替相場の一日です。 相場にはトレンドが発生している相場とレンジ相場にわかれていますが、 1日のうち大きく相場が動く時間が2箇所はあります。それが、ロンドンオープン(アーリーロンドン) とニューヨークオープンです。

 ロンドン市場は為替相場のなかで最も取引が活発な市場です。夏時間の場合、 16時にロンドン市場がオープンします。しかし、多くの場合はその1時間ぐらい前から 値動きがはじまります。

 ロンドン市場での取引が落ち着き、再び大きく動く可能性があるのが、 ニューヨークオープンです。夏時間の場合は21時にニューヨーク市場がオープンします。 そこで発生したトレンドは、ロンドンフィックス(25時)まで続きます。

 一日の値動きのイメージができているかいないかで、大きく勝率が変わると思ってください。

時間帯別ボラティリティ

 次に示す図は、ユーロドルの時間帯別ボラティリティです。 2008年6月から2011年7月までのデータをもとに、ボリンジャーバンドで使われている標準偏差を 集計したものです。統計的にもロンドン市場とニューヨーク市場で大きな 値動きがあることが確認されています。

EUR/USDボラティリティ

時間帯別の攻め方

○東京市場

東京市場

 東京市場には夏時間はありません。1年を通じておなじ時間帯で値動きがあります。 東京市場の値動きは株式市場(東証)に影響を受けます。 株式市場は前場(9:00〜11:30)と後場(12:30〜15:00)にわかれています。 為替市場においても、前場と後場ではまるで動きが違います。

 トレンドが発生しやすいのは前場の9:00〜11:30です。株式市場オープンの 9時に合わせてトレンドが発生し、ドル円の仲値が決まる10時頃まで トレンドが継続します。どの時間までトレンドが継続するかは日によって違いますが、 ほとんどの場合は東京株式市場の前場終了前にいったんトレンドが収束します。

 東京後場はほとんどの場合、値動きがないレンジ相場になります。 この時間帯は無理にエントリーポイントを探さないほうがいいでしょう。

 また、日によってニューヨークからのトレンドの流れを引きついで オープンすることがあります。その場合は傾向が変わりますので、注意してください。

 また、株式市場が終わる15時にはオプションカットが入ります。 オプションカットはオプション取引の期限が終了し、オプション 取引の方向性が決まります。その時点でトレンドが発生します。

○ロンドン市場

ロンドン市場

 ロンドン市場は夏時間の場合、16時にオープンします。しかし、値動きは 東京オプションカット(15時)にはじまっており、ロンドン市場はそれを受けて動きます。 1日の中でも最も強いトレンドが発生するのがロンドン市場なので、 可能であればロンドン市場に狙いをつけてトレードしてください

 値動きのどぼしい東京後場が終了し、オプションカットの15時になると、 オプション期限によりはっきりとしたトレンドが発生するようになります。
  15時から発生したトレンドはロンドン市場オープンとともに、逆方向にふれます。 100%ではありませんが、高い確率で15時からのトレンドと逆方向にトレンドが発生します。

 16時からのトレンドは大きく動き、たいていの場合18時か19時に収束します。

 19時から21時までの2時間はアイドリングタイムで、値動きのどぼしいレンジ相場になります。

○ニューヨーク市場

ニューヨーク市場

 ニューヨーク市場は夏時間の場合、21時にオープンします。 21時から23時ぐらいまで間に大きなトレンドが発生する可能性が高くなります。 そしてロンドンフィックス(25時)でトレンドが収束し、そこからはレンジ相場 になる可能性が高くなります。

 ニューヨーク市場でトレードする場合、アメリカの指標発表に注意する必要があります。 たいてい21時30分、23時に大きな指標発表があり、指標の内容によっては 1分間で100pips程度の値動きが発生することがあります。値動きの幅は通貨ペア によって異なりますが、どの通貨でもメジャー通貨であれば指標の影響を受けて 激しい値動きになります。

 指標発表時は通常と異なり、約定拒否、高スリップページ、スプレッドの拡大など が見られます。また、ヘッドフェイクなどのだましも多く、バクチの要素が大きく なるため攻略には熟練を要します。慣れるまでは指標発表の時間を避けるようにしましょう。

 ニューヨーク後場(25時から明け方)はレンジ相場になりやすく、逆張り戦略 が最も効きやすい時間帯です。

マーケットオーバーラップの原理

 東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場とそれぞれに特徴があります。 共通しているのはマーケットがオープンするときに、トレンドが発生しやすく なるということです。そして多くの場合、その前のマーケットとは逆方向に トレンドが発生します。

 逆方向のトレンドが発生する理由は、自国通貨が極端にどちらかの方向に触れていると、 輸出関連企業が為替差益の影響を受けるため、リスクを軽減するために 逆方向にふりバランスを取ろうとするためです

 それぞれの市場オープン時にトレンドが発生する理由としては、大口投資家である 銀行が自国通貨のレート(仲値)を決めるため、自国の株式市場オープン に連動するため、さまざまな要因がありますが、一番の理由はその日の自国経済を 動かすために市場オープン時に勢いをつけるというのが正しいと思われます。

どの時間でトレードすべきか?

 トレードする時間は、あなたの生活リズムに大きく影響します。 会社勤めの人はロンドン市場でトレードしたくても、仕事中なのでできません。 自ずとトレード可能な時間はニューヨーク市場にあわせたものになります。 帰りが遅く、ニューヨーク後場しかトレードできない場合は、 トレード戦略を変更するか(逆張りで細かく稼ぐなど)、自動トレードをする必要があります。

 ある程度自由な時間が取れる人は、ロンドン市場を狙うべきです。 16時からの2時間程度のトレードで、安定した収支をあげられると思います。

 どの時間でトレードすることになっても、大事なことはその 市場の特性を頭に入れ、自分でもきちんと検証し、だらだらとトレードしないことです。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.