MACDとは?

 MACD(Moving Average Convergence Divergence) とは、移動平均線をもとに計算されたテクニカル指標です。 3つの移動平均線をもとに計算されますが、たいていはヒストグラム (棒グラフ)で表示されるため、移動平均線よりもトレンドをつかみやすいのが特徴です。

MACDの見方

 MACDは、メインラインとシグナルラインからなります。ヒストグラムで表示 されているのは、メインラインです。点線で表示されているのはシグナルラインです。

MACDの見方

メインライン

 MACDのメインラインは、ヒストグラムで表示されます。 まん中よりヒストグラムが上にいれば、アップトレンド。下にいればダウントレンド の可能性が高くなります。
 ヒストグラムの長さは、2つの移動平均線がどれだけ離れているかを示していて、 ヒストグラムが長いほど、トレンドに勢いがあると言えます。

シグナルライン

 シグナルラインは、トレンドの転換点を見つけるのに利用できます。 これについては、後ほどくわしく説明します。

MACDの計算方法

 MACDは、3つの移動平均線から計算します。

メインライン=FastEMA-SlowEMA
シグナルライン=MACDのメインラインの単純移動平均線

 非常に単純です。MACDはオシレータ系の指標ですが、中身は単なる 指数移動平均線(EMA)で計算されていますので、トレンドフォロー系指標です。

トレードへの応用

 MACDのメインラインは、2本のEMAで計算されます。つまり、チャートに2本のEMAを 表示させているのと同じです。移動平均を使ったトレードルールとしては、 ゴールデンクロスデッドクロスという手法が有名です。この手法は、2つの異なる移動平均線 が交差したら売買のシグナルととらえるものです。

買いのシグナル

MACD買いシグナル

MACDのヒストグラムが、下から上に上下逆転したら
買いシグナル



売りのシグナル

MACDの売りシグナル

MACDのヒストグラムが、上から下に上下逆転したら
売りシグナル



より早い売買判断

 ヒストグラムの上下逆転(クロスオーバー)よりは、だましにあう確率は 高くなりますが、それよりも早いタイミングで売買の転換を知りたい場合は、 シグナルラインを利用します。シグナルラインは、MACDのメインラインの値 をさらに移動平均したものです。

MACDシグナルラインの使い方

赤丸はMACDが上下逆転するポイントですが、黄色の枠は、シグナルラインより も大きな値を示していたメインラインが、シグナルラインを割り込んだポイントです。 上下逆転(クロスオーバー)ポイントよりも、何本か速い足でエントリーすることが出来ます。

 シグナルラインは、メインラインとの基準に使えます。アップトレンドの場合、 メインラインがシグナルラインよりも上にいれば、トレンドの勢いはあると判断できます。

 MACDは移動平均をベースに作られているため、使い勝手はよいのですが、 単独で売買の判断をするのはあまりよくありません。 ダウン理論の基本にもあるように、複数のシグナルを組み合わせて判断するようにしてください。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.