ダウ理論について

 ダウ理論は、チャールズ・ダウが提唱した値動きを評価するための理論です。 テクニカル分析の基礎理論とも言える大事な考え方です。

基本原則

 ダウ理論は6つの基本原則から成り立ちます。実践でも大事な要素については、 詳しく説明しますが、それ以外は観念的な要素として簡潔な説明にとどめます。

原則 説明
平均はすべての
事象を織り込む
政府が発表する統計指標や、テロや自然災害などの偶発的要因すべてが、 結局「価格」に織り込まれるという考え方。
原則として、市場は需給バランスで成り立っている という考えがあり、端的に言えば、テクニカルだけでOKということになる。
トレンドには3種類ある
  • 主要トレンド: 1年から数年にわたる長期的サイクル
  • 2次トレンド: 3週間から3ヶ月にわたる中期的なサイクル
  • 小トレンド:3週間未満の短期的なサイクル
主要トレンドは3段階
から成り立つ
  • 先行期: 価格がすべての悪材料は織り込み済みとし、先行者が「底値買い」をする時期。トレンドは不明。
  • 追随期:価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。明確なトレンドが発生。
  • 利食期: 価格が高値圏に達し、先行期に買いを入れた投資家が利益を確定する時期。 トレンドは継続するが、値幅は小さくなっている。
平均は相互に確認
されなければならない
ひとつの平均指数だけでなく、複数の指数でシグナルを確認してはじめてトレンドを確認できる。
トレンドは出来高でも
確認される必要がある
FXでは正確な出来高が確認できないので、この法則は成立しない。
トレンドは明確な転換
シグナルが出るまで
継続する
一度発生したトレンドは、明確な転換シグナルが確認できるまで持続する。
つまり、トレンドフォローを推奨。

ダウ理論の解釈

 チャールズ・ダウは19世紀の人です。また、彼が想定した相場は株式市場です。 ダウ理論はテクニカル分析の大事な基礎になっている一方で、出来高のように FXでは使えないものも含まれています。
 また、ダウ理論において一番大事なのは、基本原則から派生したトレンドのとらえ方です。 テクニカル分析でダウ理論と言えば、後者を指すことがほとんどです。

 ダウ理論は100年以上前に、トレンドの定義を明確化しており、多くの基本原則は 今日の相場でも確認できます。これは100年前も現代も集団心理に大きな差はないためです。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.