トップページ FX入門講座ローソク足の見方

ローソク足の見方

 チャートに表示されているローソク足(キャンドル)は、日本で開発された重要な テクニカル指標です。ローソク足は値動きだけでなく、相場の心理がローソク足の形 として現れています。
  チャートに表示されているローソク足は、1時間足や15分足、日足など それぞれの時間軸(タイムフレーム)の値動きを図で表しています。 例えば、1時間足のチャートは、ローソク足1本で1時間を表します。 1時間足と言っても実際にはもっと短い時間(最小は1秒単位=Tick)で動いているので、 1時間足と言ってもその時間に起きた値動きの特徴をひとつの図で表しています。
  相場は四本値で表されます。これを、図にしたものがローソク足です。

四本値とは?

四本値とは、「始値」、「終値」、「高値」、「安値」で構成されています。

名称 説明
始値(はじまりね) その時間が始まったときの値段を表します。通常は、前の時間の終値と同等です。
終値(おわりね) その時間が終わったときの値段を表します。
高値(たかね) その時間幅(例:1時間)の中で、最も高い値段を付けた価格を表します。
安値(やすね) その時間幅(例:1時間)の中で、最も安い値段を付けた価格を表します。

ローソク足は、これら四本値を一目で分かる図で表したものです。

ローソク足の見方

 ローソク足は単位時間あたりの四本値を図にしたものです。1時間足であれば、 1時間の値動きが図として表されています。ローソク足は「陽線」と「陰線」の 2種類があり、始値と終値の位置が異なります。
 通常「陽線」は、価格がどんどん上がっていくアップトレンドに発生します。 「陰線」は、価格がどんどん下がっていくダウントレンドに発生します。

ローソク足の見方

陽線について

  • 終値 > 始値 …… 終値の方が始値よりも高い
  • 通常は赤色もしくは白抜きで描く
  • 高値と安値はローソク足本体からヒゲのような線で表す
  • アップトレンドの時は、陽線が多く出現する

陰線について

  • 始値 > 終値 …… 終値の方が始値よりも安い
  • 通常は黒色もしくは塗りつぶしで描く
  • 高値と安値はローソク足本体からヒゲのような線で表す
  • ダウントレンドの時は、陰線が多く出現する

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.