トップページ為替和尚のFX戦略トレードに影響を与える時間軸の違い

トレードに影響を与える時間軸の違い

 あなたのトレードスタイルが、「スイングトレード」、「デイトレード」、「スキャルピング」のいずれであるか? これについて意見を求めれば明確な答えが返ってきます。
 しかし、トレードスタイルと実際に使用する時間軸との関係については、あいまいなままの人が多いのが実情です。なぜその時間軸を利用するのか、あなたは明確に人に説明できますか?

時間軸とトレードスタイルの関係

 FXでは、為替差益(キャピタルゲイン)を目的としたトレードと、 スワップポイント(インカムゲイン)を目的としたトレードがあります。 スワップポイントは、通貨間の金利差から得られる利息を目的に長期間ポジションを保有する戦略なので、 ここでは取り扱いません。

 為替差益を目的としたトレード戦略でも、ポジションを保有する期間により 「スイングトレード」、「デイトレード」、「スキャルピング」とあります (保有期間の差についてはFX入門講座を参照してください)。

 どの戦略を選択するかはその人次第です。自分自身の生活スタイルにあわせて もっとも適したものを選べばよいでしょう。
 しかし、トレードスタイルごとにタイムフレームが決まっていることは、きちんと意識しておく必要があります。

タイムフレームを固定する

 まずは、トレードスタイルと時間軸の関係をみてください。 ほとんどのチャートソフトでは、時間軸を自由に変えられますが、 意識してみるべき時間軸は限定されていることを確認してください。

トレードスタイル
時間軸
スイングトレード 週足。日足。4時間足
デイトレード 4時間足。1時間足。30分足。15分足
スキャルピング 1時間足。5分足。1分足

 トレードスタイルとタイムフレームの関係は重要です。トレードスタイルの違いは、狙いに行く値幅の違いです。
 週足や日足を見ている スイングトレーダーにとって、1分足や5分足の動きはノイズにすぎません。 逆にスキャルパー(スキャルピングをするトレーダー)にとって、日足や週足、4時間足の 動きは値幅がありすぎて使えません。

 ひっきりなしにタイムフレームを変えて、「15分ではダウントレンドだけど、 1分ではアップトレンドだ。1時間足では…」という人がいますが、はっきりいって無意味です。 タイムフレームが変われば値幅も変わるため、エントリーポイントもエグジットポイントもぜんぜん異なります。 違うタイムフレームのことは、ノイズとして割りきりましょう。

 タイムフレームは、「流れを見るための時間」、「タイミングを取るための時間」とわけて考えるべきです。

 為替和尚の場合、「5分で流れ」をとらえ、「1分でエントリーのタイミング」を捕まえています。1時間足も見ていますが、これはさらに大きな流れと、主要な節の確認(ピボットなど)に使われています。

 このように、なぜそのタイムフレームのチャートをチェックするのか、明確な目的意識を持って見るようにしましょう。

タイムフレームを固定するのと、ひとつのタイムフレームだけしかみないのは意味がちゃうで。 流れを見るためのタイムフレームと、エントリーポイントを探すためのタイムフレームがあるってことや。 この辺は誤解せんようにな!

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.