トップページ為替和尚のFX戦略チャートの右端で売買判断を下す

チャートの右端でどう判断するか?

 FXにかぎらず、相場の世界で最も重要なのは、チャートの右端で判断を下すことです。眼の前にあるチャートは、あくまでも過去の動きであり、その後どう動くかはわかりません。
 しかし、チャートの先が見えない以上、チャートの右端で「売りなのか?」、「買いなのか?」、「見送るのか?」を判断しないとトレードが成立しません。

過去チャートではスキルは身に付かない

 「終わったチャートでなら、何とでも言える。チャートの右端で判断せなあかん。」 為替和尚がくり返し口にする言葉です。

 実際、ほとんどのFXセミナーでは、たとえ相場が動いてる時間に開催しても、 過去チャートを見ながらセミナーをします。確かに、過去チャートならレンジ相場もトレンド相場 も一目瞭然です。それどころか、トレンドの強さもわかります。

 過去チャートは過去チャート。確かに、過去のパターンから相場の狙い方を レクチャーするのも大切ですが、実際にトレードする場合は、常にチャートの右端で判断 を下す必要があります。過去チャートばかりを見ていては、 いつまで経ってもトレード技術は身に付きません。

 過去チャートはトレードルールの検証や、チャートパターンを勉強するときに利用します。

実トレードで生きる、チャートの右端での判断

 チャートの右端で判断する場合、終値ベースで計算されたほとんどのインジケータ、 オシレータは遅れて表示されます。また、確定していないインジケータやオシレータ を使うことも可能ですが、確定時にシグナルを読み違える可能性があります。
 インジケータやオシレータの計算式まで理解する必要はありませんが、 確定したローソク足と、未確定のローソク足の違いについては理解しておく必要があります。

 例えば、MacdやEMAのクロスオーバーでエントリータイミングを測ろうとすると、 確定足ベースと未確定足ベースではシグナルの表示位置が異なることがあります。 終値が確定してないため、シグナルが頻繁に入れ替わるためです。

 もうひとつ例を挙げると、よくサポートレジスタンスとして使われる 中指(フラクタル)ですが、これは3本前の高値安値を基準に判定します。 MetaTrader4のFractalの場合、それまで何も表示されていなかったポイントに、 いきなりFractalが表示されます。
これもチャートの右端で判断するときには知っておくべきことです。

 トレードルールを検証するときは、過去チャートを使いますが、実際に計算結果が書き 換わるリアルチャートと、固定されたチャートではインジケータやオシレータの 挙動が変わります。ローソク足ですら、分かりません。勢いよく伸びたと思っても、 終値ベースで見ると単にヒゲをつけただけかもしれないのです。
 この点について意識していないと後付ルールに一喜一憂することになります。 為替和尚はこの点について、こう言いました。

 スキャルだと終値ベースのインジケータは判断に使われへん。遅すぎ。 だから、最終エントリー根拠はそれ以外で判断する必要がある。
あと、ブレイクするのかレンジになるかは、結局入ってみな分からん。 だからこそ、あかんかったときはさっさと損切りし、不確定要素に対処できるだけの 「技術」を身につける必要があるな。

 トレードルールを作るときは、統計的な優位性をきちんと確立し、 実際のトレードに際しては「上がるはず」とか、「下がるはず」といった思いこみを廃し、 規律どおりに行動する必要があります。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.