トップページFX実践講座プロスペクト理論の罠

プロスペクト理論の罠

 「プロスペクト理論」とは、2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学における理論であり、ダニエル・カーネマンとエイモス・ドベルスキーによって考案されました。

 そんな学術理論が相場に影響するか? と考えるのも無理は無いと思いますが、人間の心理の根本を捉えているため、無意識のうちにあなたはプロスペクト理論の罠に落ちてしまいます。

プロスペクト理論と相場の心理学

 プロスペクト理論の骨子となる理論と実験については、後述しますが、プロスペクト理論を相場の世界に照らしあわせた結論だけ先に説明します。

目の前の利益は早く取る

 エントリーがうまくいき、利益がのっている場面を想像してください。利益は出ているので、心理的にはかなり楽なはずですが、あなたの中では2つの感情が戦っています。

「もう少し伸びてくれ、ここまで行ったら利確したい。」
「ああ、もう勢いが落ちてきた。反転して利益を食われるのは嫌だ。」

 指値やTake Profitなどの注文を入れて放置する場合を除き、チャートを前にしているときは、ティックの動きが鈍ったり、ヒゲをつけて戻っていくところを見ると、急に不安にかられます。
 これは、過去に何度も、「もう少し早く利食っておけばこれだけ儲かったのに!」という経験をしているためです。

 これらの過去の経験が脳裏をかすめ、目の前にある利益をとにかく確定させようとする心理が、トレーダーに働きます。

「チキン利食い」とよばれる行動です。

損失には長く耐える

 今度はエントリーがうまくいかず、なかなか利がのらない局面を想像してください。
  たとえば、エントリーポイント付近をうろうろとして、スプレッド分のマイナスを消化できない。そうこうしているうちに、流れが完全に変わったにもかかわらず、マイナスのポジションを損切り出来ない。
 あるいは、いきなり逆方向に持っていかれて、大きな含み損になっている局面です。

「せめて半値まで戻ってくれ」
「できれば建値まで戻ってくれ」
「もう少し待っていれば、また流れが変わるだろ」

 自分の中でエントリーは失敗していると認識してますが、目の前の損失をできるだけ小さくしたいという考えが頭の中を占めます。その結果、損失を耐えてしまうのです。
 この現象はあくまでも、本人の希望的観測や願望にすぎないのですが、「少しでも損失を減らそう」という事しか頭の中にないので、リスクリワードレシオを無視した損失許容幅になります。

 これが行き過ぎると、「塩漬けポジション」の出来上がりです。

損大利小

 プロスペクト理論における心理行動とは、一言でいうと「損大利小」です。人間の心理にもとづくと、ついつい「損大利小」に偏ってしまうのです。
 「いや、俺は常に損小利大を意識しているよ!」 というひとは、以下の「プロスペクト理論の実験」の質問に答えてみてください。

プロスペクト理論の実験

 プロスペクト理論のもとになったひとつの心理実験を紹介します。以下の2つの質問に素直に答えてみてください。

質問1「以下の条件でお金を上げます。どちらを選びますか?」

(1) 無条件で100万円を手に入れられる。
(2) コイントスをし、表が出たら200万円。裏が出たらあげません。

質問2 「あなたが抱える200万円の借金を、次の条件で軽減します」

(1) 無条件で、借金を100万円減らします。残りの借金は100万円になります。
(2) コイントスをし、表が出たら借金はチャラ。裏が出たら200万円のままです。

質問1と2のあなたの答えはどちらですか?

 

実験の結果

質問1に対する実験結果

 質問1は、どちらの選択肢でも手に入れられる金額の期待値は100万円です。しかし、実験の結果、最も多い答えは、(1)の「 無条件で100万円を手に入れられる」です。 
 つまり、多くの人がコイントスというギャンブル性の高いゲームに参加せず、確実に得られる金額を選択したということです。

質問2に対する実験結果

 質問2は、どちらの選択肢でも金額に対する期待値は-100万円です。実験の結果、最も多い答えは、(2)の「コイントスをし、表が出たら借金はチャラ」を選択しています。
 実験の結果、多くの人は損失を抱えていると、イチかバチかでも損失がゼロになる選択をしていると言えます。

2つの結果に対する考察

 このようにプロスペクト理論のもとになった実験では、

  • お金を得る場合……確実にもらえる選択
  • 損失を減らす場合…イチかバチかチャラになる選択

をしていると言えます。言い換えると、「目の前の利益は早く確定」させ、「損失は損失そのものを回避」するになります。

プロスペクト理論と相場の世界

 行動経済学における、人間の心理は理解してもらえたと思います。実験結果にもあるように、「目の前の利益を早く確定させる」、「損失そのものを回避する」という行為は、相場の世界でどういう意味を持つのでしょうか。

 「目の前の利益を早く確定させる」(チキン利食い)は、長期的に見ると「少ない利益幅を許容する」ということになります。言い換えると、「利小」です。

 「損失を回避する」という行動は、相場の世界では2つのことを意味します。ひとつは相場そのものに参加しないという選択です。これなら損はしません。
 しかし、相場に参加するのであれば、損が出る可能性はゼロにはできません。すると、「損が出ても、せめて半値、できれば建値まで耐えること」を意味します。あなたが望む通り相場が動けば、確かに損失は少なくなりますが、たいていは逆に動くため、損は大きくなります。つまり、「損大」です。

 プロスペクト理論における経済行動とは、「損大利小」を指しています。相場にかぎらず、勝負事に勝つには、「損小利大」が絶対条件です。

 しかし、頭ではわかっていても、実際に投資の現場に行くと、プロスペクト理論があなたの心理を支配し、「損大利小」になってあなたは負けます。

 いかに、「損小利大」になるように持っていくか、これが勝負の分かれ目です。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.