トップページFX実践講座為替和尚の実践トレード〜タイミングをつかむ

和尚の実践トレード - タイミングをつかむ

 為替和尚の考え方にもとづくトレード方法を解説します。なお、この記事は、「5pips上等! 為替和尚スキャルピング日記」をベースにしています。

 為替和尚は5分チャートで流れをみて、1分チャートでエントリーのタイミングをつかみます。今回は5分の押し目を1分で掴む方法の説明です。

5分の押し目を1分でひろう

(1)狙うべきポイントの確認

5分の流れ

※クリックで拡大出来ます。

 今回狙うのは、黄色の丸で囲まれた「押し目買いのポイント」です。
図は5分足チャートのものです。押し目のポイントの狙い方はどこも基本的に同じなので、そのうち1箇所を例に説明します。

なお、5分の流れの読み方は「実践トレード〜流れを読む」を参照してください。

(2)最初の押し目買いの狙い方

 5分チャートで黄色の丸がしてあるポイントが「押し目買い」のポイントです。ここのチャートをを1分足にしたのが次の図です。

押し目のポイントの拡大

最初の黄色の丸が今回解説する「押し目買いのポイント」です。
このチャートを広げると

5分足の押し目のポイントを拡大

 ちょうど、水色の@が表示されている足が、エントリーポイントになります。エントリーの条件は…

  • 1本前の陰線の高値を抜けていること(赤線)
  • 陰線のローソク足本体の長さが短くなってきていること(下圧力の低下)
  • 近くにサポレジがあること(何かに跳ね返る要素)
  • 買いの場合:安値が切り上がっていること
  • 売りの場合:高値が切り下がっていること

 なお、この押し目になりそうなポイントを読み取るには、ローソク足組(フォーメーションを読まなければなりません。
 フォーメーションとは、ローソク足に現れる人の心理を、ローソク足本体の胴体の長さや、ヒゲの長さで判断する方法です。フォーメーションをきちんと読み取れるようになるには、反復練習が必須です。

 ローソク足が反転しそうなポイントをオシレータと組み合わせて判断することもできます。ただし、オシレーターだけを鵜呑みにしてはいけません。

スローストキャスティックス(18,3,3)で反転のポイントを探る

買い判断:%Kが20%以下で、%Kと%Dがクロスする
売り判断:%Kが80%以上で、%Kと%Dがクロスする

一番肝心なんは、サポレジの確認やで。
なにもないところで判断したらあかん。
そこに節があるから、プライスは止まるんや。

(3)チャートの右端で判断するには?

 サポレジのなかでも、よく利用される「中指」は、高値安値でつくられるサポレジを判断するのによく利用されます。

  しかし、中指が出来るには3本のローソク足が必要であるため、チャートの右端で判断するには使いづらい側面があります。特に押し目買いや戻り売りの始点に中指を利用すると、中指が出来上がるまでの時間をロスするため、エントリータイミングはどうしても遅れます。

 この時、上下どちらの方向により圧力がかかっているかを、チャート上から判断する必要があります。

  • ボリンジャーバンド(紫)が上方向に広がっている→買い優勢
  • ボリンジャーバンド(水色)のミドルラインが上向き→買い優勢
  • ストキャスティックスヒストグラムが青色→買い優勢
  • ストキャスティックスが20%以下に落ち込んでも、メインチャート
    の安値は切り上がっている→買い優勢

このようにチャート上から読み取れる情報を丁寧に分析し、「買いが優勢」と判断しているわけです。

  あとは、節付近(最初のエントリーポイント)での、跳ね返りを待つだけです。最初の押し目買いのポイントは、2時間前の1時間足の高値がいました(赤い枠線)。

 

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.