トップページトレード環境構築術ソフトウェア自動更新されるシステム

自動更新されるシステム

 昨日まで快調に動いていたパソコンが、突然調子が悪くなったり、ソフトで不具合が出ることがあります。考えられる原因は4つあります。

 ひとつ目は、ハードウェアそのもののトラブル。ふたつ目は、なにか新しいソフトやドライバーを入れた際に発生するトラブル。3つ目はウィルスなどによる有害なソフトウェアの混入で発生するトラブル。最後はシステムの自動更新によるトラブルです。

 どれも厄介なトラブルですが、発生する頻度から言えば、システムの自動更新によるトラブルが一番厄介といえます。

自動更新の種類

Windows Updateによるシステムの更新

 Windowsは、システムの状態を常に最新に保つ「Windows Update」という仕組みが用意されています。OSは発売直後から、発見されたバグの修正、セキュリティへの対応、新機能の提供など、さまざまな理由によりアップデートされます。累積したシステムの更新をひとつにまとめたパッケージが、「サービスパック(SP)」と呼ばれます。WindowsXP SP3やWindows 7 SP1と表現されたものがこれに該当します。

 Windows Updateは慎重にテストしたものがリリースされますが、極稀に、深刻な影響を与えるアップデートがリリースされることがあります。

セキュリティソフトの更新

 いまや、アンチウィルスソフトなどのセキュリティソフトは不可欠な存在です。ノートンインターネットセキュリティ、ウィルスバスター、カスペルスキー、ESET、AVAST!など有償、無償問わずさまざまなセキュリティ製品があります。
 マイクロソフト製のアンチウィルスソフトとして、「Windows Security Essential」もあります。

 製品の種類を問わず、アンチウィルスソフトは自動更新が行われています。アンチウィルスソフトはシステムの中枢に近い部分で、ファイルやネットの監視をしているため、場合によってはかなり深刻な影響を与えます。

 最近で一番大きなトラブルは、マカフィーが引き起こしたネット接続不可事件です。自動アップデートが適用されると、ネットに接続できなくなるというトラブルです。解決策は、マカフィーをアンインストールすること。

 その他にも、ウィルスバスターなどは定義ファイルによってちょくちょくトラブルを起こしています。

アプリケーションそのものによる自動更新

 アプリケーションにも自動更新の機能が備わっているものがあります。自動的に最新版に置き換わるので便利な側面、最新版を入れることで急に動作がおかしくなる場合もあります。

  MT4にも自動更新の機能があります。MT4の更新は、機能アップというよりマーケットのルールにあわせた修正や、セキュリティアップデート、バグフィクスが主です。
 このなかでも、セキュリティアップデートが厄介です。これまで使えていたEAが急に動作しなくなる事例がいくつかあります。

自動更新とどう付き合うか?

 インターネット接続が当たり前の現在の環境においては、自動更新は不可欠と言えます。しかし、選んだソフトによっては、それが大きなトラブルを呼び込む可能性が否定できません。

 上記に上げた自動更新の種類のなかでも、特にセキュリティソフト関連のトラブルは問題です。しかし、システムへの悪影響を考慮して、「ノーガード戦法」をとるのはあまりに無謀です。

セキュリティソフトと実際の事件の関連

 2012年にセキュリティ業界を震撼させた事件がありました。「遠隔操作のなりすましによる犯行予告で誤認逮捕」という事件です。詳細なリンクは張りませんが、爆破や殺害予告などをしたとして、複数の無実の人が警察に逮捕されるという社会的にも影響力のある事件になりました。

 結局、警察は真犯人が送ってきたメールで、ようやく無実の人を逮捕した事実に気づきましたが、ここで利用されたウィルスは、IESYS.exeと呼ばれるものです。
 しかし、アンチウィルスソフトを入れていれば対処できたかといえば難しい問題です。IESYS.exeはウィルスとしては亜種として認定されていますが、亜種のウィルスは、アンチウィルスソフトの定義ファイルに含まれていないため、未知のウィルスに対する検出機能により対応します。

 アンチウィルスソフトの種類によっては、未知のウィルスへの対応に差があるため、アンチウィルスを入れていれば絶対大丈夫と言い切れません。

システムの安定とセキュリティ

 Windows Updateやセキュリティソフトの自動更新は、主にセキュリティ対策のために行われることが多いです。バグフィクスもありますが、頻度で言えばセキュリティ対策のほうが多いのが実情です。

 セキュリティ関連の修正は、パソコンの挙動に大きな影響を与えるため、昨日まで正常に動作していたのに、今日立ち上げたらトラブルが発生したという事態が発生しやすくなります。

 しかし、セキュリティ関連のアップデートは無視できません。

 セキュリティ関連ソフトウェアの自動更新は切るべきではありません。となると、ウィルスの検知力(セキュリティの強度)と、システムへの悪影響を天秤にかけ、バランスの良い製品を選ぶ必要があります。

 公式におすすめするわけではありませんが、有償のものであれば「カスペルスキー」、「ESET」をお勧めします。
 無料のものから選ぶのであれば、「Windows Security Essential」で十分です。ただし、Windows Security Essentialはファイアウォールの機能が不十分なので、別途ソフトウェアをインストールすることをおすすめします。

 パソコンに不慣れな人は、有償の製品を選択してください。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.