OSによる違い

 現在広く使われている情報家電、携帯端末、情報端末(以後 情報端末)には、パソコン、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどがあります。携帯電話はともかくとして、スマートフォンとタブレットは、Windowsパソコンのようにアプリをいれることで自由に機能を拡張できるため、Windwos専用ソフトウェアとうたっているにもかかわらず、iPhoneやAndroidスマートフォンで動作すると勘違いしている人がいます。

 また、パソコンにも、Windows OSとMac OSがあります。トレードをする人は、Windows OSを使用していると思いますが、WindowsもXP、Vista、7、8などバージョンがあり、明確に違いを認識している人は少ないようです。

 単にネットを見たり、メールを見るだけならあまり意識する必要はないですが、パソコンを商売道具とするならその違いと挙動の違いを理解しておく必要があります。

OSの役割と大まかな分類

OSの役割

 OSは、情報端末を利用するための基本ソフトウェア群を指します。スマートフォンもタブレットもパソコンもOSがないと動作しません。OSは接続されているさまざまな機器や機能(マウス、キーボード、ディスプレイ、DVD、USBなど)を適切にコントロールし、情報端末が持っている基本性能を十分に引き出す役割を持っています。

 また、OS上で動作するアプリケーションに、電子端末のさまざまな機能を簡単に利用できるようにし、それによりゲームやトレードソフト、メールやブラウザなど目的に特化したソフトウェアを作りやすい環境を提供します。

OSの分類

OS名 主な使用用途 説明
iOS iPhone、iPad、
iPod touch
スマートフォン、タブレットなど携帯機器向けのOS。タッチパネルに特化し、Apple社のiPhoneやiPad上で利用される。
Android スマートフォン、
タブレット
Googleが開発した携帯機器向けのOS。iPhone以外のスマートフォンに搭載されていることが多く、日本の携帯電話メーカーが出しているスマートフォンは、Android OSが採用されている。
Mac OS X パソコン Apple社がパソコン向けに開発したOS。Windowsとは異なるため、マッキントッシュでしか動作しない。Windows用のアプリケーションは特殊なソフトウェアを使わない限り動作しない。
Linux,BSD パソコン、サーバー、携帯機器 UNIX系OSの一種。サーバーなどに利用されることが多い。無料で配布されているものが多い。マニアが、デスクトップパソコンにインストールしていることもあるが、原則的にWindowsアプリケーションは動かない。
Windows パソコン Microsoft社がパソコン向けに開発したOS。世界シェアの8割以上を占める。
トレード用ソフトウェアの大半はWindows上での動作を前提としている。
Windows-Mobile スマートフォンなど 携帯機器向けのWindows OS。Windowsと名前がついているが、基本的にパソコン用に開発されたアプリケーションは動作しない。

 アプリケーションやソフトウェアは、動作環境であげられているOSでしか動作しません。iOS用のアプリがWindows上で動作したり、Windows用アプリがAndroidで動作することはありません。

トレードするならWindowsを利用

 トレードをする場合、Windowsを利用することになります。Windowsにはさまざまなバージョンがあり、Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows7、Windows8など製品ごとに違いがあります。

 同じOSなので、原則的にWindows向けとして開発されたアプリケーションであれば動作します。しかし、Windowsの製品ごとに動作の違いがあり、特にWindows 2000/XP系とWindows Vista/7/8系では正常に動作しなかったり、挙動がおかしくなるアプリケーションがあります。

Windows OSの製品ごとの違い

 Windowsのバージョンごとの挙動の違い、特にWindows 2000/XP系と、Windows Vista、7系との違いを理解するのは非常に大切です。
 特に為替和尚@FX寺子屋の推奨チャートソフト「Meta Trader4」は、Visual C++ 6.0という1998年頃の開発言語で作られているため、Vista以降で導入された設計思想にマッチしていません。これが、さまざまな問題や動作不具合を引き起こします。

UACによる制限

 UAC(User Access Control)は、Windows Vista以降に追加された機能です。よくファイルを移動したり、ソフトウェアをインストールしようとした時に表示される確認のダイアログボックスは、UACが働いている証拠です。

 UACは、システムに対して影響のある変更が加えられそうになった時に、ダイアログボックスで警告します。これはわかりやすいので問題ありませんが、一番大きな問題は、特定のフォルダへの書き込みを行おうとすると働く「Virtual Store」という機能です。

Virtual Storeによるフォルダの自動変更

 UACが有効なWindows Vista/7では、システムが管理しているフォルダへの書き込みがあった場合に、ユーザー別のフォルダに自動的に書き換わります。たとえば、Prrogram FilesやProgram Files(x86)フォルダです。Windowsフォルダもシステム管理フォルダです。

 システム管理フォルダに書き込みをしようとすると、Windows7の場合、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore」フォルダ以下に自動的に書き換えられます。
 エクスプローラーなどでみても、表面上はC:\Program Files(x86)に保存されていますが、実際のファイルは「C:\User\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files(x86)」フォルダ内に格納されます。

 Meta Trader4のデータは、MT4のインストール先フォルダの下に作成されます。デフォルトのフォルダにインストールした場合(例:C:\Program Files\MetaTrader4)、インジケータやテンプレートはすべてVirtualStoreに保存されます。

 この仕組を理解しておかないと、入れたはずのインジケータが見つからなかったり、消したはずのファイルがまだあるといった不具合が発生します。

 Windows Vista/7でMT4を利用する場合は、C:\Trade\MT4のように別フォルダを作ってインストールすることをおすすめします

文字サイズの初期値の違い

 Windows 2000/XPとWindows Vista/7の違いとして、見た目も大きな違いとしてあげられます。同じ解像度でも、Vista/7は文字が大きめに表示されます。これはマイクロソフトの方針の違いですが、この変更のため、アプリケーションの画面の一部が切れたり、文字が全部表示されないという不具合が発生します。

 この現象に対する対処法は、「ディスプレイの設定」を調整すれば行えます。

Windows 7の文字サイズ変更法

(1)コントロールパネルを開く
(2)デスクトップのカスタマイズを開く
(3)「ディスプレイ」の項目にある「テキストやその他の項目の大きさの
   変更」を選択する
(4)文字サイズを「小 - 100%(規定)」に変更

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.