FastStone Captureの使い方

 FastStone Captureは外国製のスクリーンキャプチャソフトです(メニュ等が英語です)。このソフトは、「アクティブなウィンドウのキャプチャ」、「指定ウィンドウのキャプチャ」、「領域のキャプチャ」、「スクロールしてキャプチャ」など多彩なキャプチャ機能に加え、色を調べる「カラーピッカー」、画面の大きさを測る「スクリーンルーラー」などがついています。

 そしてなによりお勧めするのが、キャプチャした画像の加工機能です。この機能が、単なるキャプチャソフトと一線を画しています。

FastStone Captureの基本的な使い方

 FastStone Captureを起動すると、画面上に小さなツールバーが出てきます。このツールバーから、さまざまな機能を呼び出します。

FastStone Capureツールバー

キャプチャの種類

名称 説明
アクティブウィンドウキャプチャ
Capture Active Window
アクティブになっているウィンドウをキャプチャします。つまり、ボタンを押した時点で、最前面にいるウィンドウがキャプチャされます。
指定ウィンドウのキャプチャ
Capure Window/Object
ボタンを押した後、キャプチャするウィンドウを選択します。ひとつのウィンドウの中のオブジェクトを選択することもできます。
キャプチャする際は、これがメインになると思います。
指定領域のキャプチャ
Capure Rectangular Region
ボタンを押した後、指定の領域を切り抜いてキャプチャします。ウィンドウ内のある領域だけを切り抜く場合などに便利。
自在に切り抜きキャプチャ
Capture Freehand Region
指定の領域をキャプチャします。ただし、指定の領域はマウスで自分で囲んだ領域になります。
全画面キャプチャ
Caputure Full Screen
すべてのウィンドウ領域をキャプチャします。
スクロールしてキャプチャ
Capture Scroling Window
指定のウィンドウをスクロールしてキャプチャします。ブラウザのように縦に長い画面をキャプチャする際に便利。自動的にスクロールして、画面に隠れて見えないところも一括でキャプチャします。
固定サイズのキャプチャ
Capture Fixed Region
あらかじめ設定したサイズの領域を切り抜きます。ボタンを押すと設定サイズの枠線が表示され、その枠のサイズの切り抜きが行えます。

画面レコーダー(Screen Recorder)

画面レコーダーは、静止画ではなくウィンドウの操作を動画として記録できるモードです。普通の人は使わないと思いますが、ソフトウェアの操作説明動画などを作る際に便利だと思います。
 なお、出力形式はWMV形式です。

キャプチャ画像の編集

 FastStoneの最も便利な機能が、キャプチャ画像の編集機能です。通常、FastStone Captureでキャプチャすると、次のような画面が表示されます。

キャプチャ済み画像

ここで、左端の「Save As」ボタンを押せば画像を保存することができます。枠線で囲ってある「Draw」ボタンを押すと編集モードに入ります。

編集モード

編集モードでは、左端のツールバーからさまざまな編集機能を呼び出し、キャプチャした画像に文字を入れたり、枠線や矢印を引いたりできます。

ひととおり編集が終わったら、「OK」ボタンを押すとFastStone Editorの画面に戻り、画像の保存等が行えます。

FastStone Captureの入手

最新版のFastStone Captureは、「FastStone.org」でダウンロードできます。ただし、シェアウェア($19.95)です。ちなみにこの記事で紹介しているのは、有償版(Ver7.0)です。

Ver5.3まではフリーウェアとして公開されており、下記のサイトで入手可能です。なお、Windows7は、キャプチャは行えますが、たまに画像の編集をしても保存できないことがあります。その場合は、有償版を購入してみてください。

FastStone Capture Ver 5.3 (最後のフリーウェア版)

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

今回の事件について
(2015/04/10更新)

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.