トップページトレード環境構築術

為替和尚のトレード環境構築術

 トレードで結果を出したいなら、環境を整えることがとても大切だと和尚は言います。特にスキャルピングをする場合は、注文を出す業者をふくめて、厳しい条件を満たす必要があります。

 「トレード環境構築術」は、ソフトウェア、ハードウェア、業者などトレードを取り巻く環境についてのノウハウを公開します。

ソフトウェア環境構築術

 現在はオンライントレードが主流です。業者によっても異なりますが、ウェブブラウザを使う場合もあれば、専用ソフトを利用する場合もあります。

 しかし、相場をテクニカル分析するにはしっかりとしたチャートが必要になります。発注ソフト、チャートソフト、その他パソコンにインストールして利用するソフトウェア環境について取り上げます。

ハードウェア環境構築術

 トレーダーにとってトレード環境は大事な商売道具です。そして、専業トレーダーのほとんどがマルチモニタ環境を構築しています。ちなみに為替和尚の場合は、8画面モニタ環境を構築しています。

 トレーダーがマルチモニタを利用するのは、それだけ複数の情報を同時に処理する必要があるためです。

 しかし、トレード環境といっても専用の機材を用意するのではなく、汎用パソコンを利用することがほとんどです。「ハードウェア環境構築術」では、パソコンの選びかた(自作PC含む)、マルチモニタ環境の構築、マウスなどのインターフェースの選び方などハードウェアに関するノウハウを取り上げます。

発注業者の選定

 和尚は日本のFX業者は、ほとんどがノミ屋だと断言します。ここでは書きませんが、 CMで有名な某社は100%ノミ屋です。また、現在はFX業者の統廃合が進んでおり、利用可能なおすすめ業者はそのときどきで変わります。ですので、特定の業者を紹介することはしません。

 海外の業者をふくめ、星の数ほどある業者の選定のポイントを説明していきます。特に、スキャルピングに主眼をおいたポイントを説明します。

自動トレード環境構築術

 MT4を利用している方には馴染みが深いかもしれませんが、自動トレードはひとつの潮流をつくっています。為替和尚も2009年から自動トレードの研究開発をしています。
 実際、インターバンクの世界もどんどん機械化されており、 その流れは加速しています。

 「自動トレード環境構築術」は、おもに個人が自動トレードすることを主眼に環境構築のノウハウを紹介します。VPS業者の選定、設定、日々のレポートの出し方などを取り上げます。

為替和尚プロフィール

FXトレーダー。 株から相場の世界に足を踏み入れ、日経225先物を経て為替取引をはじめる。 トレード歴は10年以上。
トレードの手法はスキャルピング。自分自身もトレーダーとして身を立てる一方、FXの技術を人に教えてきた。

目的別コンテンツ

FXトレードをはじめたい

Meta Traderを使いたい

FXトレードが強くなりたい

トレード環境を整えたい

自動トレードしたい

  • 自動トレード環境構築術

取引業者を探している

Copyright © 2014, Kawase Osyo , All Rights Reserved.